2005年11月24日

イン・ハー・シューズ

出演:キャメロン・ディアス、トニー・コレット、シャーリー・マクレーン etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆
感想:いやぁ、つまらんかったw
最初から特にこれと行った趣旨がなくダラダラと姉妹がでてきて、アレコレアレコレ・・・。
姉妹のそれぞれの特徴と性格を覚えさせたいからだろうけど長い。131分の時間が180分ぐらいに感じた・・・。
展開の仕方が個人的には苦手な進み方。ダラダラしてるあげくに物語中盤から祖母がでてきたりと、あちこちに急に飛びすぎ。
途中で飽きました。
姉妹愛もよくわからんし、そもそも同じ家に住んであそこまで両極端になるだろか?
なにか似てる部分があるもんだと思うけど、違うことばかりすぎる気が?似てるところはどこ?
なんだか複雑にしすぎだと思う。

俳優にお気に入りの人がいれば見ればいいと思うけど、DVDでよろしく。
posted by ひろし at 01:06| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。