2005年08月28日

星になった少年 Shining Boy & Little Randy

出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子 etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆☆
感想:実話を元に作ったそうです。
邦画特有の笑いを取るシーンがあるんだけど、実話じゃないだろうに・・・なんで無理に笑いを取ろうとするのか疑問。笑いが欲しいなら笑いを狙った映画でも作ればいいだろぉ?
内容はランディって象と哲夢の話かと思えば、ランディと出会って象使いになる決意してタイに行く・・・そこまではいいんだけどタイでの象使いになる学校での象ファーとの話が描かれてる感じでランディじゃなくても・・・とか思ったけど事実なんだからしょうがないか。
日本に戻ってからはただ象使いとしてのエピソードが描かれてるだけで特に何か伝えたい事があるみたいな意思は感じられず残念。通して見てもなんだか動物使って感動させるよっみたいなつもりなんだろうけど監督の力不足ですかねぇ?星になった〜の星のエピソードなんてどれ?な勢いだ・・・。(覚えてるけどw

俳優さんですが、柳楽優弥は基本的に某読みっぽく感じイマイチ、常盤貴子の最後の屋根での号泣シーン・・・引いたカットだとこぼれる涙が見え、アップだと涙は腕を伝わり、叫ぶ・・・なにもかも台無しだよ・・・。自力で泣けるぐらいの根性見せてくれと思いw
ただ、柳楽優弥はホントに象使いの特訓したみたいだし、常盤貴子は実際に虎に餌やったりしたらしいから根性はあるんだなぁと、、けど演技を磨く方に力を入れてくださいな。
しっかしどれだけ棒読みでもデビルマンのがすごかったな・・・(関係ない話

音楽は全体的にイメージも統一されててよかったです、さすが世界の坂本龍一。

帰りに一緒に見た人と、ファー→フォーだと違う意味でウケタかもしれんとか話して見たり。
posted by ひろし at 07:07| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』
Excerpt: 6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のド..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-08-29 20:00

NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督)
Excerpt: 「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げら..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-02-22 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。