2005年07月08日

宇宙戦争

出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆
感想:なんだこれはw
元々予告とか見た上で期待せずに行きましたが、期待してなくてよかったw
予告でゆうてた「愛が試される」とか、どこよ?と思ったり。

宇宙人さん、最初は人をあっさり殺してたのに途中からは生け捕りにして栄養ですか?
最初に動き出すのに100万年埋まってたんでしょ?最初の方が必要でしょ?wと思ったり。

自動車とか電子機器が全部壊れて動かなくなったまではいいんだけど、自動車を動くようにするのに部品を交換したら直ったんですよ。他の自動車全てのが壊れたのに、交換用の部品は壊れてないんですよ。外して置いてあるのは壊れないん?携帯もパソコンもダメでもw

ラストも息子先に着いてるけどどうやって!?地球が助かるのもそれでいいのかってぐらい無理やりだなと思ったり。

と矛盾や意味わからんとこ言い出すとキリがなくなるので全部映画だからですませればいいとしよう・・・。
映像と音、それにいろんな意味わからないところを楽しめれるならそれでいいじゃないかいいじゃないか?
posted by ひろし at 00:38| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4914938

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。