2005年06月19日

フォーガットン

出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト etc.
映像   :☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆
感想:いやぁつまんなかったぁwストーリーの評価がそのまま自分の評価だと思ってくださいw
前半は母の子への想いを表そうとしてるんだろうけど、特に際立った思い出とかもなく思い出すのは別れるシーンばかり。
急に写真やビデオの思い出がなくなり、みんなが自分の息子のことを忘れてしまって、何故か国家安全保障局に追われる展開。
まぁ車が衝突するシーンと、ドンと飛ばされるシーンぐらいしかドキッとしなかったかな(謎
結局終わって見ると???な感じです。

14ヶ月前の事故で亡くなった〜だけど終わって見れば別に14ヶ月前の事故とかじゃなくてもいいじゃんか?と思ったり。
戻ってきたのはいいけど、その間の記憶は?ついでに父親はなんだったのってぐらい最後まで出てこなかったりw
主人公の記憶は終わっても残ってたけど、男の記憶は消えてるのはなんで?と思って見たり。まぁ母親と子の〜言うてたからいっか。
銃とかで倒せないのにドンと飛んだぐらいでどうこうなるん?と思って見たり。

まぁ予告止まりで・・・。
posted by ひろし at 07:18| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前半はとてもよくて後半はサスペンスとしてはあまり楽しめなかったけど、テリーの思いの強さはすごかったですね。
後半のオチは少し残念でしたが、まあまあ楽しめる映画でした。
よろしかったら、こちらにTBさせて頂きますね。
Posted by かんすけ@シアフレ.blog at 2005年06月22日 21:16
テリーの思いの強さはすごかったですけど、親だったらみんなそうだと思うのに、テリーだけってのはちょっと微妙ですよねぇ・・・。
テリーみたいな親になれるかな?と思って見る独身貴族です、、。
Posted by ひろし at 2005年06月25日 04:18
お返事ありがとうございましたー。
なるほどー。確かにテリーだけってのも微妙ですね(^^;
でも、近頃は親が子供を殺すなんてのも珍しくないニュースになってきたし、それだけ、子供を大切に想う親が減ったって事ですかね…。
ではでは、またお邪魔させて頂きますね。お邪魔しました(^^;
Posted by かんすけ at 2005年06月25日 12:03
子供が親を・・・なんてのもありますね。
なにはともあれ宇宙人はないかなぁとw
また来てください。
Posted by ひろし at 2005年06月28日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フォーガットン
Excerpt: 映画『フォーガットン』を観た。スリラーと思って観ていたら、SF(Xファイル?)だった。こりゃ詐欺だ!人がビューンと飛んでくとこは、思わず笑いそうになったぞ。 オフィシャルサイト
Weblog: あ??るの日記@ココログ
Tracked: 2005-06-19 12:29

映画「フォーガットン」
Excerpt: 謎が謎を呼び、不可解な現象が身の回りで起こり続ける。でもなんか入り込めないという
Weblog: RAKUGAKI
Tracked: 2005-06-19 16:03

フォーガットン
Excerpt: 飛行機事故で最愛の息子を亡くし、何ヵ月経っても立ち直れずにいた、一人の女性に降りかかる想像を絶する出来事を描いたサスペンス・スリラー。 ストーリーのテーマや核でもある、愛する息子を救おうとする母親の強..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2005-06-22 21:15

『フォーガットン』  ☆☆☆★★
Excerpt: ラストを人に話すと記憶を消されるそうなので何も書きません。 っていうか「うまいこと予告作ったなあ!」 あの予告を見たら誰でも見たくなるでしょ!そら見に行くわ!全米初登場1位になるわ! まあ最終的に..
Weblog: 映画VS氣志團&タイガー
Tracked: 2005-06-23 15:48

★★「フォーガットン」観て来ました★★
Excerpt: 懸賞で当たったチケットがあったので「フォーガットン」観て来ました。 全国共通のチケットだとシネコンでも利用が出来てやっぱり便利です♪♪ 主演はジュリアン・ムーアです。 この手の映画..
Weblog: ★★かずくんままのマネー&映画日記 株主総会珍道中公開中、覗いてね。★★
Tracked: 2005-06-25 14:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。