2005年05月20日

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

出演:ジム・キャリー、メリル・ストリープ、エミリー・ブラウニング etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆☆☆
感想:不幸な物語とタイトルにあるけど、思ってるほど不幸って感じじゃないかなぁと見終わって思い。
住んでた家が焼け、両親が亡くなり、子供3人がよくわからん伯爵に財産目当てに追い回される話なわけなんですが、結局不幸の原因はわかってるのと、不幸なりにも幾度となく切り抜けて行けてるので不幸じゃないんじゃ?とか思ったり。最初に不幸な話ですを強調し過ぎたかな?
子供にそれぞれ特徴があってそれぞれが特徴を活かして不幸(?)を乗りきって行く所は子供ながらではあるけどおもしろく見れました。ただ、噛み付くのは役に立ってたっけ・・・?

個人的にはこんな流れと、最後のエンドロールの絵とか大好きです。ただ物語がもうちと・・・・。役者さんは子役、伯爵みんなよかったなぁ。最後までジムキャリーと気づいてませんでした。後でよく見て、あぁホント。
posted by ひろし at 23:30| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3779343

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。