2005年05月19日

コンスタンティン

出演:キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆☆☆☆
感想:ストーリーは、登場人物、それに聖書が出たりと宗教的なところがあるんで細かくはわからないところもありましたけど、そこまで深く知ってなくても十分楽しめました。
コンスタンティンが愛煙家で肺がんで余命は1年と言うのはどうなんだろ、ガブリエルと教会での会話からすると、昔の自殺が罪でタバコはそれを促進させるものみたいですね。
とすると別にこの作品じゃタバコは否定されてないよね?w
個人的には吸いませんが、ヘビーなスモーカーの人にはいいんだか悪いんだかわからない映画ですね。
エンドロールの後にある天使が出てきたんですけど、あれはなんていう天使だろう?
そもそもエンドロール後になんかある映画って大抵2作目があるようなないような?まぁいいんですけど。

映像はなんだかマトリックスぽい感じでなんだかまぁそんな感じ。嫌いじゃないんですけどね。
女神転生とかやってる人にはわかりやすい(謎
posted by ひろし at 01:22| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先日コンスタンティン見ました。
怖い場面がたくさんだったけどなかなか面白かったです。
Posted by まゆ at 2005年05月19日 15:22
こんばんは。
怖いと言うよりびっくりするシーンが多かったですねw
最初の衝突とかぅぉおぉってびっくりしました。
Posted by ひろし at 2005年05月21日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。