2005年12月13日

ALWAYS 三丁目の夕日

出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪 etc.
映像   :☆☆☆☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感想:元々は見に行く気もなかったんだけど、評判がよかったので行って見ました。
思ってたよりかなりかなりよかったです。見といてよかった。
誰が主人公かわからないと思うけど、みんな主人公になってて泣かせるって程じゃなくても程よいいいエピソードが集まった秀作。
町並みがCGだったってのは見た後知ったんだけど、見てる間はCGと思えるようなシーンは数箇所しか見当たらなかったんだけど、すごいですねぇ。
その年代を知ってても知らなくても、老若男女楽しめると思います。
映画館じゃなくてDVDの方でもいいかなぁと思ったりするのは映像とかすごいけど、地味だから?w
posted by ひろし at 00:41| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10599155

この記事へのトラックバック

「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 昭和30年代というノスタルジックな時代を、最新のCG技術で再現した話題の映画「A
Weblog: 高橋孝之介の日記
Tracked: 2005-12-13 01:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。