2004年11月08日

コラテラル

出演: トム・クルーズ 、ジェイミー・フォックス 、ジェイダ・ピンケット=スミス etc.
映像   :☆☆☆☆☆
サウンド :☆☆☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆
俳優   :☆☆☆☆☆☆☆☆
総合   :☆☆☆☆☆☆
感想:トム・クルーズのファンの人ならいいと思います。ってか俳優としても演技はよかったし、珍しく白髪まじりでの見た目。これはこれでかっこいいですねぇ。

内容の方は、コラテラル=巻き添えと言う意味だそうで、タクシー運転手のマックスがお客を乗せたらヴィンセント(殺し屋)で、ヴィンセントの仕事のためにドライバーとなるってところなんですが、その辺がコラテラルの始まりでしょうか。
最初は無理やり巻き添えにした気がしたのは自分だけでしょうか?
もっとスーっとできなかったんだろうか?
その後も微妙に派手にターゲットを殺したりして、殺し屋とは思えないぐらい証拠を残してるような・・・w
4人目が終わったときで最後のターゲットは予想できると思います。
終わりがほんとに「ん?」と思ったんですがどうでしょうか。よくわからなかったんです実は。。

後、仕事に対する価値観や、人を殺すのが仕事って言う立場へ対する人間へ「人間として大切なものがかけてるんじゃないか?」って言う人間愛?の部分の言い合いはいいんじゃないでしょうか。おもしろかったと思います。

後は特に思い浮かばないな。ウン。
あ、トム・クルーズのいつものなんていうか、顔を醜くするのはなかったなぁ。首の辺やられたのはあったけどね。


Click Here!

posted by ひろし at 00:17| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。